WordPressの「無料テーマ」と「有料テーマ」、どちらを選ぶべきか?

ホームページを作成する際の選択肢として、現在最も利用されているのが「Wordpress」というオープンソースのソフトであることを前記事でお伝えしました。

そして、Wordpressを利用すべき理由の1つは、豊富な外観やレイアウト(テーマ)を利用できることなのですが、このテーマには、「無料テーマ」「有料テーマ」があります。

では、自分でウェブサイトを制作する際には、無料テーマと有料テーマ、どちらを選ぶべきなのでしょうか。

本記事では、制作において実際に有料テーマを使用した感想を踏まえて、無料テーマとの違いやメリット、デメリットについて解説します。

WordPress「テーマ」とは

WordPressのテーマに関しては、WordPressの日本語ページより説明を引用させていただきます。

簡単に言えば、WordPressのテーマシステムとはブログの「着せ替え」をするということです。ですが、ただの「着せ替え」以上のものを持っています。着せ替えというと、ただデザインが変わるというだけになってしまいます。WordPressのテーマは見た目の調整だけでなく、表示する内容も操ることが出来るのです。

テーマとは、単に外観を変えるだけではなく、構造や構成などを決める核となるファイルなど一式を指します。テーマは数多く配布されており、多くの場合はそのまま使用しますが、自分好みにカスタマイズすることも可能です。

ホームページ制作プロセスとテーマ

次に、Wordpressのテーマについて掘り下げる前に、説明にあたり必要な知識として、ホームページ制作に必要なプロセスについて少し触れておきます。

ホームページ制作のプロセスは、大きく分けて以下の3パートになります。

1.構造の設定

こちらは「ホームページの骨組み」に関わる部分です。サイト全体の構造であったり、ページとページのつながりや、ページ内のアウトラインなどを決めるプロセスです。

2.デザイン

ホームぺージ上で、ユーザが迷わず目的の場所に辿り着けるよう、画面の配置を考えたり、直感的に操作できる仕組み、またホームページに好感を持ってもらえるような工夫を指します。

3.コーディング

コーディングは「プログラミング」とも言い換えられ、通常、HTML、CSS、PHP、JavaScriptといったプログラム言語が利用されます。

この際には、

  • サイト全体、各ページが読みやすいか
  • サイトが正しく検索エンジンに検出される構造になっているか

といった点に配慮しつつ、ホームページを制作します。

WordPressのテーマ選びは、どの工程に入るか?

では、WordPressのテーマを選ぶのは、どの工程に含まれるのでしょうか。

実は、WordPressのテーマ選びは、これらの3つのプロセス全てに影響します。

テーマを使用する場合、ホームページのデザインなどは、配布されているテーマをカスタマイズして利用できる場合がほとんどです。

しかし、ホームページ全体の構造を変えたい場合は、基幹部分の修正になりますので、かなりの工数がかかります。こうした場合は、既存テーマを大幅に改変するよりも、「既存テーマを一切使わずに、1から独自テーマを制作する」ほうが工数は少なくなります。

WordPressテーマカスタマイズの例

例えば、クロメヤのこのサイトは、「Understrap」という無料テーマをベースにカスタマイズしています。デフォルトでは、下記のような、ほぼ装飾のないイメージです。ここにトップページ(ホームページ)を加え、不足機能(ぱんくずリストなど)を付加し、見た目の体裁を整えたのがこのサイトです。

 

有料テーマと無料テーマの違い

ホームページを新たに制作する場合、Wordpressを利用される方が非常に多いです。よって、Wordpressでホームページを制作する人向けにテーマを販売することをビジネスにしている企業、個人が多くいます。こうして販売されているテーマが「有料テーマ」と呼ばれています。

WordPressの有料テーマは安いものだと数千円、高いものだと数万円程度となります。また、導入するサイトごとに異なる価格設定を行っているテーマもあります(1サイトだけで利用の場合は安いが、利用するサイト数が無制限になると高額になる、など)。有料テーマの多くは、デザインが高度に作りこまれているものが多く、コーディングを行うことなくそのまま使えるものがほとんどです。

逆に、Wordpressが公式に制作しているテーマや、無償で公開されているテーマもあり、こちらは「無料テーマ」と呼ばれています。無料テーマの多くは、かなりシンプルなデザインだったり、デザインが作りこまれていないことが多いため、ある程度作り込みを行ったほうが見栄えのよいデザインとなる場合が多いです。

 

では、実際にホームページを作る際に「有料テーマ」と「無料テーマ」のどちらを選択するのがよいでしょうか。

有料テーマは、無料テーマより優れているか?

先にお伝えした通り、「有料テーマはほぼコーディング不要」「無料テーマはコーディングしたほうがよい」となると、サイト制作が得意ではない、デザインやプログラミングができない方は有料テーマを購入するべきでしょうか。

結論から言うと、一概にそうは言えません。

有料テーマの場合、トップページの制作は簡単に行える場合が多いのですが、メインコンテンツ内、つまりブログ記事や左右のサイドバーなどの装飾が設定されていないことが多くあります。

また、多機能を売りにしているテーマの場合、言い換えると、提供されている機能しか用意されておらず、他の機能追加も難しい場合があります。つまり、カスタマイズ性はあまり高くありません。

また、有料テーマは無料テーマと比べると、利用者数が少ないこと、そしてテーマのカスタマイズがライセンス上制限がされている場合が多くあります。そのため、検索で調べられる情報量は少なくなります。

逆に、多く利用されている無料テーマの場合、何かトラブルがあった場合、不明点が出てきた場合でも、検索すると解説がたくさん表示されます。

比較すると、有料テーマは以下のような方に向いています。

  • トップページを綺麗に作りたい
  • カスタマイズが不要の方

逆に、有料テーマは以下のような方には向いていません。

  • 数多くのホームページを運営したい方(テーマ代金が節約できる)
  • 独自のカスタマイズを加えたい方

あなたに一番合ったテーマ選びが重要

「有料テーマ」と「無料テーマ」のどちらが優れているか、の回答は「どのようなホームページを、どれくらいの金額感で作りたいか」により異なりますので、唯一の正解はありません。

例えば、同じようなブログでも「お金に糸目をつけずに世界でただ一つのデザインにしてほしい」という例と、「そこそこの見栄えがするかっこいいデザインにしてほしい」という例と、「とにかく安く作りたい」という例だと、おすすめするテーマは異なってきます。

クロメヤでは、「どのようなホームページを制作したいのか」をお客様に深くお伺いすることで、作りたいホームページのイメージに最も適したものをご提案させていただきます。この際に「有料テーマ」をお勧めする場合もありますし、「無料テーマ」をお勧めすることもあります。さらに「既存テーマを使わずに、1から独自テーマを作る」場合もあります。

そして、クロメヤでは、別な会社様でホームページを作成したお客様からの修正・作り直しに関するご相談もお受けしております。別な会社様でホームページを作ったが、十分なコミュニケーションが取られずに制作を見切り発車してしまった結果、
「有料テーマを購入したけど、細部のカスタマイズができなくて困った」
「テーマ購入料金よりも、カスタマイズ料金の方が高くついてしまった」
といった声をよく伺っております。

予想外に費用がかかってしまった、また想定外のカスタマイズで納期に間に合わなかった、といった後悔を避けるためにも、ぜひクロメヤまでご相談ください。

こちらもよく読まれています。

依頼前の基礎知識

 

制作後に必要な知識

他の記事を読む