SEOの基礎中の基礎、Google サーチコンソールとは?

自身のホームページがどれだけ見られているか、どのようなデバイスで見られているか、といったアクセス分析を行うツールとしては、Googleから無料で提供されている「Google アナリティクス」が世界標準として使われています。

これとは別に、Googleは「Google サーチコンソール」というツールをリリースしています。似て非なるこのツールですが、実は重要な役割を担っています。

この記事では、Google サーチコンソールの基本や、使い方について詳しく解説します。

Google サーチコンソールとは

Google アナリティクスと同様に、サーチコンソールも無料で利用できるツールです。

サーチコンソールに対して自分が管理しているホームページを登録し、取得したデータを確認することができます。Google アナリティクスが「ホームページのアクセス分析ツール」であるのに対して、Google サーチコンソールは「ホームページが検索時にどのように表示されるか、また検索されるに当たって問題ないか」を確認するためのツールです。

Google サーチコンソールで提供される情報の中で、特に重要な情報は以下の通りです。

1.検索キーワードの確認

Google アナリティクスでは、かつてどの検索キーワードで流入しているかを確認することができましたが、現在Googleの通信は全て暗号化されているため、ほとんどの検索キーワードは (not provided) [提供されません]となり、キーワードを取得できなくなりました。

しかしGoogle サーチコンソールでは、完全なデータではないにしても、ある程度の精度で検索キーワードを確認することができます。どのキーワードで検索されているかを知ることは、どのようなユーザがどのような目的でホームページを訪れているのかの手かがりとなり、ホームページ改善の重要な一歩ですので、極めて大切な情報となります。

2.インデックス依頼

ホームページを作成するだけでは、Google上で検索対象になりません。検索対象となるためには、「Googleの検索ロボットがホームページを見に来て、分析して検索可能な状態にする」必要があります。これを「ホームページをインデックスする」と呼びます。

ホームページに対してリンクが少ない、ホームページ自体が作られて間もないという場合、なかなかインデックスされない場合があります。こうした場合は、Googleに対して「新しくホームページを作ったので、インデックスしに来てください」と、Googleサーチコンソールから依頼できます。

この作業はサーチコンソールからしか行えないため、ホームページを開設したらまずは実施しましょう。

3.ペナルティ確認

ホームページが「Googleが推奨していない方法で検索順位を上げようとしている」と判断された場合、ペナルティとして検索順位が急に下落します。

例えば、自作自演のリンクをたくさん貼って「このホームページは人気がある」とGoogleに誤認させようとした場合などです。こうした場合、Googleはペナルティとして検索順位を下げる処理を行います。例えば、これまで1位から10位の間にいたホームページであっても、100位以下に下がってしまうことすらあります。

自身のホームページが急に検索結果に表示されなくなった場合、Googleがあなたのホームページをペナルティ処理している場合があります。Googleサーチコンソールでは、このペナルティ処理を受けたのか、そうでないのかを確認することができます。

4.リンクの否認

上記3.のGoogleによるペナルティを使って、不正な方法であなたのホームページが「リンク攻撃」されることがあります。

通常のホームページであれば、自然にリンクが貼られるのはよいことですが、「あなたのホームページに不自然にたくさんのリンクを貼る」「それも、悪意がある貼り方をする(アダルトホームページで使われる言葉でリンクを貼る、ウイルスを仕込んだホームページからリンクを貼るなど)」といった手法で、検索順位が下がるような方法でリンクを貼ります。これがリンク攻撃です(ネガティブSEOとも呼ばれます)。

残念ながら、このリンク攻撃自体をなくすことはできません。リンク攻撃をそのままにしておくと、検索順位が下がってしまうことがあるため、「このリンクは不正リンクなので、認めません」とリンクの否認を行う必要があります。このリンクの否認を行えるのが、唯一Google サーチコンソールなのです。

5.ホームページの問題確認

ホームページがGoogleの定めたガイドラインによって作成されない場合、ホームページを閲覧する人が見にくい思いをすることになります。例えば、パソコンでは正しく表示されるが、スマートフォンでは見栄えが悪いホームページなどです。

こうした場合は、Googleから「ユーザビリティに問題があるページ」といった扱いがされ、検索順位が下がる場合があります。これ以外にもホームページを正しく表示させるうえでの多くの基準があり、これらすべてを満たしていることが望ましいとされます。

Googleサーチコンソールでは、何が問題で、どのように修正すればよいかについてを説明つきで確認することができます。

 

Googleサーチコンソールの活用は必須だが、中級者以上向けのツール

Googleアナリティックスほど頻繁に確認する必要はありませんが、Googleサーチコンソールもホームページ運用上、大切なツールであることは間違いありません。

ただ、Googleサーチコンソールは、やや説明が不十分な使いにくいツールです。ログインした後、どこをクリックすれば見たい情報が見られるのか、Googleアナリティクス以上に分かりにくく、そして取るべき対策の内容を読んでも「具体的にどの手順で何をすればよいか」は、ある程度ホームページ制作についての知識がないと分からない場合が多いです。

Googleサーチコンソールを含めて、正しくホームページを運用するためには、ご自身で勉強して知識を付けるか、Googleサーチコンソールの運用について十分な理解がある会社に運用を依頼することが望ましいです。

ホームページの運用は、「何をどこまでやるか」によって価格が大きく異なりますので、「Googleサーチコンソールの定期チェックと、必要な対策を行う場合は運用費がいくらになるか」を確認しましょう。

クロメヤでは、お客様のご要望に応じて「作業量が少ないかわりに安価な運用」も可能ですし、「Gooleアナリテクス、Googleサーチコンソールの分析対策まで含めた運用」も可能です。ぜひ、ホームページを制作される際には「どのようにホームページを運用したいか」についてもご相談ください。

 

こちらもよく読まれています。

依頼前の基礎知識

 

制作後に必要な知識

他の記事を読む