レンタルサーバー選びのポイントは?各サービスの感想と長所・短所

ホームページを作る上で、必要なものがいくつかあります。

ひとつは、ホームページの住所ともいえる「ドメイン」。
ひとつは、WordPressなどで作られる、ホームページの内容。

そしてもう1つ必要なものがあります。それが「レンタルサーバー」です。では、レンタルサーバーとはどのような役割を果たしているのでしょうか?

この記事では、レンタルサーバーについて解説し、サーバーを契約する際に見なければいけないポイントをまとめました。

レンタルサーバーとは何か?

レンタルサーバーとは、「ホームページの文章や画像を物理的に保管するためのサーバー」となります。

もしあなたがホームページを作ったとしても、そのホームページが世界中のどこからでもアクセスできなければ作る意味はありません。よって、ホームページの文章や画像、レイアウトなどを全てレンタルサーバーに保管して、インターネットで閲覧可能な状態にします。

いわば、レンタルサーバーはホームページの「預かり業者」のようなものです。

ではなぜ「レンタル」サーバーなのでしょうか。

実はホームページを掲載するためのサーバーは自前で準備することもできます。しかしながら、サーバー用のハードウェアを購入し、ネットワークを引いて、災害対策用の環境を整える、といった対策を行うには非常にお金がかかります。

「自前で設備を準備するより、レンタルしたほうが圧倒的に安くて安全」であることから、ホームページはレンタルサーバーを使って運営することが一般的です。

レンタルサーバーを選ぶポイントは?

レンタルサーバービジネスは、もう10年以上も前から行われている安定した事業です。事業者から見たレンタルサーバービジネスの魅力は「一度契約したお客さんは、大きな問題がなければまず契約を更新してくれる」という点です。獲得したお客さんの離脱率が低いため、売上がどんどん積み重なっていってくれるのです。

これを利用者の立場から見ると「一度契約したレンタルサーバーは、なかなか切り替えるのが大変」ということでもあります。

レンタルサーバーが気に入らない場合、別なレンタルサーバーに移行することになります。しかし、ホームページのコンテンツの移行、ドメインの移行、裏で動いているデータベースの移行などをスムーズに行うには労力がかかりますし、うまく進まない場合ホームページが消えている期間が長引いてしまうことを意味します。

よって、「一番最初のレンタルサーバー選びは非常に重要」なのです。

 契約前にチェックするべき7つのポイント

レンタルサーバーを契約する際に注意すべきポイントは以下の通りです。

  1. 価格
  2. 容量
  3. SSL対応
  4. データベース数
  5. マルチドメイン対応
  6. SSD対応
  7. サポート

1. 価格

レンタルサーバーの多くは月額料金制です。安いものだと数百円、高いものだと数千円程度するのが一般的です。

 

2. 容量

レンタルサーバーのハードディスクをどれだけ使えるかです。文章が多めで画像や動画が少ない場合は、容量は少なめでも問題ありません。逆に、デザインに凝ったサイトで高画質画像が多い場合は大き目の容量が必要となります。

3. SSL対応

SSLとは、ホームページの通信を暗号化するための仕組みです。かつては、年に数万円払わないと利用できませんでしたが、現在ではSSLを無料で提供しているレンタルサーバー業者が多くなりました。

契約しようとしているレンタルサーバー業者、また価格プランでSSLが利用できるかどうかは重要なチェックポイントとなります。特に顧客情報を収集する、決済を行うホームページであれば必須です。

SEOの観点からも、HTTPS(SSL)化がされているホームページやウェブサイトが優遇されるのは断言できます。

 

4. データベース数

WordPressのホームページを制作する場合、Wordpressの裏側には「MySQL」というデータベースが動いています。レンタルサーバーの契約では、安いプランほど作成できるデータベース数を少なく制限しています。

もし、複数のホームページを作る可能性があるのであれば、「必要となるだけのデータベースを作成できるか」を確認する必要があります。

ショッピングサイト、アフィリエイトサイトは今後の展開を考えて複数のデータベースを設置できるようにしておいた方が良いでしょう。

また、会社のホームページ、コーポレートサイトにおいても、「子会社は別で運営したい」、「求人専門のホームページを立ち上げたい」などの要望が出ることがあります。Wordpressで複数のホームページを作る見込みがある際は、必ずデータベースが設置できるか、設置できるデータベースがいくつあるのかは確認するようにしましょう。

 

5. マルチドメイン対応

1つのレンタルサーバー契約で、いくつまでのドメインを利用できるかについての項目です。

「マルチドメイン対応」となっているレンタルサーバーであれば、1つの契約で、例えば

  • aaaaa.com
  • bbbbb.net
  • ccccc.org
  • ddddd.jp

のように複数のホームページを運営することが可能となります。金額プランにより、ドメイン数が異なりますので、データベース数と同様に注意すべきポイントです。

6. SSD採用

通常のレンタルサーバーでは、文章や画像を保存するためにHDDを利用していますが、一部レンタルサーバーではHDDの代わりにSSDを提供しているものもあります。SSDのメリットは、とにかくデータの読み出しが高速であることです。

よって、「ユーザーを待たせたくない」「読み込み時間の長さで、売上が顕著に変わる」といった場合は利用をお勧めします。

7. サポート

何かトラブルが起こった際や、不明点があった場合に、問い合わせを行った場合どれくらいで返信があるか、また返信内容は的を得ているかといった点です。

どうしても、金額や機能に比べると後回しになってしまいがちのポイントですが、安定してホームページを運用していくうえで大変重要となります。

おすすめのレンタルサーバーは?

実際にどのレンタルサーバー業者を選べばいいのかは、目的と機能に応じて探していただくのが一番です。

とはいえ、数ある業者の中から情報整理するのはやや骨の折れる作業のため、Kuromeyaが実際に仕事で使用し、オススメできると感じたレンタルサーバーをピックアップします。

レンタルサーバー大手で、提供される機能、サポート、価格がバランスが取れており高品質という評価が高いレンタルサーバーとなります。Kuromeyaでも最も多く利用しているレンタルサーバーです。

年間契約すると月額900円から利用可能で、無料のSSL、マルチドメイン、複数データベースなどにも対応し、料金プランによってはSSDの利用も可能です。レンタルサーバーで困ったときは、まず最初に検討したい選択肢といってよいかと思います。

移管や不明点を調べる際に何度かサポートセンターに連絡した際も、レスポンスが速く不安を感じることがありませんでした。

小・中規模サイトなら、一番安いプランの「X10」でも十分ですが、他にもエックスサーバーでは、

なども用意されています。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』公式サイトへ

PR



ネット業界の有名人である家入一真さんが設立した企業(GMOペパボ)のレンタルサーバーです。現在は東証一部上場のGMOインターネットグループとなっていますが、GMOペパボ自体もマザーズ上場企業であるため、高い信頼感があります。

年間契約で月額1,500円から利用でき、SSL、マルチドメイン、複数データベースなどにも対応しています。そして標準料金でSSDが利用できる点となります。この料金でSSD利用はかなりコストパフォーマンスが良いと言えます。

Kuromeyaからサポートセンターに連絡したことはありませんが、同業者の評判やブログなどの評価を見ていても、エックスサーバーと同様安定したサポートが受けられるようです。

WordPress・EC-CUBE簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムル』公式サイトへ

PR



こちらもhetemlと同じくGMOペパボが提供するサービスです。hetemlより機能が制限されていたり、SSDではない代わりに非常に安価に提供されている点が強みとなります。

エコノミープランという最も安いプランであれば月額100円から利用できます。ただ、最安値プランだとWordpressが利用できない、といった制限があるため、どの金額プランだとどの機能が利用できるかは細かくチェックする必要があります。

価格重視、とりあえずレンタルサーバーを使用してみたい、という方は、最安プランを契約し、必要に応じアップグレードしていくのもひとつの方法です。

月額100円(税抜)~/WordPress簡単インストール! ロリポップ!レンタルサーバー 公式サイトへ

PR



レンタルサーバー選びは慎重に

上記3件は、コスパ重視でご紹介しました。

他にも、大企業・大規模サイトの構築で信頼性を重視するのであれば、NTTグループが提供するサポートセンター顧客満足度97%【スマイルサーバ】ベリサイン設定費込みで74,340円【レンタルサーバー CPI】など、高機能を売りにしているものも数多くあります。

冒頭にも述べた通り、レンタルサーバーを乗り換えるのは労力を要しリスクも伴うため、契約前に個々の特徴をよく調べてから使用しましょう。

「サーバ選びについて知りたいことがある」、「作りたいホームページにはどのレンタルサーバーがいいかわからない」、「レンタルサーバー契約・ドメイン取得も込みで制作を依頼したい」などありましたら、ぜひkuromeyaまで気軽にご連絡ください。

こちらもよく読まれています。

依頼前の基礎知識

 

制作後に必要な知識

他の記事を読む