ホームページを作らなくても集客できる?SNS活用のやり方

総務省の情報通信白書によると、SNSの利用率は2016年には71.2%まで上昇しており、スマートフォンの普及に合わせてSNSの利用が、社会に定着してきていることがわかります。

このように、無視できない規模まで成長しているSNSというメディア。うまく販売促進のツールとして利用するには、各SNSの特徴と役割を理解する必要があります。

今回は各主要SNSの特徴を紹介していきます。SNSの理解を深めていただいた上で、ホームページとの役割の違いを知っていただければと思います。

主要SNSの特徴を知る

まずは、主要SNS3つの特徴を説明します。

1. Facebook

世界を代表する実名SNS「Facebook」。日本国内の利用者数は一時期の勢い程ではありませんが、いまだに増加を続けています。

Facebookは、通常実名で登録を行うSNSということもあり、匿名性が低く荒れにくいことが特徴で、企業の広報活動の情報発信ツールとして最も利用されてます。

またテキストや画像だけではなく、動画やリアルタイム配信といった、様々な方法があり、伝えたい内容によって適切な配信を行うことが可能です。

メインの利用者層は、30代~40代の男性が多いことからビジネス利用に最適で、特に実名性が高い士業や医療などと相性が良いとされています。

2. Instagram

画像と動画に特化したSNSとして、ユーザー数が急増しているのがInstagramです。

特に10代~30代の女性にとっては日常の一部となりつつあるほど人気のSNSです。「インスタ映え」という言葉ができるほど、多くのユーザーが自身の生活の様子を投稿しています。

女性のヘビーユーザーは、ランチやお出かけ先のお店選びでもInstagramを活用するなど、Googleなどの検索エンジンの代わりとしても利用されています。

おしゃれな画像や動画が拡散するSNSだからこそ、アパレルや美容関係といった視覚に訴えかける華やかさがある業界との相性がよいとされています。

3. Twitter

シンプルで匿名性が高いSNSとして、根強いファンが多いのがTwitterです。匿名性が高い分、ユーザーは気軽に投稿をシェアするため拡散性が高いSNSです。。

またTwitterはFacebookと違い、投稿したすべての投稿がフォロワーに届くのが特徴で、テレビ番組と連動した使われ方や、芸能人も多く利用しているため、テレビが好きな方、ITが好きな方などと相性が良く、10代~30代の若年層アプローチするのに最適なSNSです。

ホームページは不要? SNSでできること

これだけ生活に根付いているSNSがあれば、SEOやリスティング広告など、運用に費用も手間もかかり、ライバルの多いホームページが不要なのか?というとそういうわけではありません。

SNSは、ホームページに比べユーザの閲覧頻度が高いプラットフォームですので、ユーザーとの接点が持ちやすいという大きなメリットがあります。

しかしながら、日常の一部とも言えるSNSでは、ユーザにとっては広告色が強い投稿は嫌われる傾向にあります。そのためSNSは、売上に直結するようなユーザーを刈り取るためのメディアとしては効果が薄く、見込み客の獲得や既存顧客の囲い込みに優れています。

具体的には、商品の安売り情報や、セール情報のような直接的な情報発信ではなく、社員の顔を見せたり商品開発の裏側を発信したりと、リアルタイムな情報を発信することで、未来の顧客を長期的に育成できます。また、既存顧客がアンバサダーとしてファンが自発的に商品の拡散をしてくれる効果も期待できます。

情報が多様化した現代においては、ユーザーは様々なところで情報を得ることができるようになりました。だからこそSNSで長期的な接点を持つことで、ユーザーを会社・商品のファンとして育成することが重要になってきています。

また、近年SNS広告に予算を割く企業もかなり増えてきています。これはSNSの特徴としてターゲットを絞り込んだ広告配信ができることと、価格競争の側面が大きい検索エンジンの広告だけではなく、見込み顧客に多様なアプローチができるSNSの重要性が高まってきているからでしょう。

SNSをもっと効果的に利用するには

このように、見込み顧客の獲得や既存顧客の囲い込みに優れたSNSの特徴を理解し運用することで、長期的な売上アップが見込めるようになります。

そして、ユーザの購買意欲が高まり、他社と比較して最終の購入の後押しをするのは、オウンドメディアであるホームページの役割です。

自発的にホームページに訪れるユーザーは、購買意欲の高いユーザーと言えます。ホームページ上で、いかに自分の商品が他社より優れているか、いかに信頼できる商品なのかという商品PRをうまく行うことで、SNS活用の幅も広がります。

また、ホームページは、SNSと違いデザインや構成が自由に制作できるため、ユーザービリティを考えたデザインや構成で大幅にユーザの印象が変わります。そのため、ホームページの売上が伸び悩んでおられる場合は、ぜひともお気軽にkuromeyaまでご相談ください。

こちらもよく読まれています。

依頼前の基礎知識

 

制作後に必要な知識

他の記事を読む